Interview 042018-10-29T16:09:23+09:00
社長メッセージ
社員紹介
制度・環境
イベント
募集要項
採用ブログ

国籍なんて関係ない。
グローバルな組織で、
人として技術者として尊敬できる
カッコイイ先輩に出会った

D.I
開発部|2014年入社
新卒入社

Interview | Episode 01

挑戦的な会社だな、それがISRの最初の印象でした

子供の頃から、物作りが好きでした。いろいろな物を作ったり、分解して仕組みを見たり。ネジで止められているものは全部一度バラバラにして、戻す。でも、戻せないものが多くて、よく母に怒られました。学生時代は、独学でソースコード(プログラム)を書くことやアプリの開発をはじめ、さまざまな知識や技術を学びました。そのまま趣味の延長で、就職活動はエンジニア系に焦点を定めて探していました。

そのようなときに、先に入社していた同じ学校の先輩の紹介でISRに出会いました。しかし、当時ISRでは新卒採用を行っていなかったので、自ら応募したいと交渉し採用プロセスを作っていただくことになりました。

そこで言われた一言は、「ソースコードを提出してください」。いくつか企業を受けましたが、このような課題を出す会社はどこにもありませんでした。その挑戦的な姿勢に、逆にやってやろうと思いました。それがISRを受けたきっかけです。

そして迎えた面接当日。私はこれまでエンジニアの勉強会や就職活動などでたくさんのエンジニアに会ってきましたが、ISRの面接でいただいたアドバイスには最も高い技術力を感じました。ISRには、技術が好きで色々なことを知っているエンジニアの方々がたくさんいます。彼らは、学生の自分に対しても一人の技術者として接してくれて、的確なアドバイスをくれました。ここに入れば自分はもっと成長できると感じ、私はISRに入社することを決めました。

Interview | Episode 02

やる気になればチャンスを与えてくれる

ISRは、やりたいと言えば何でもやらせてくれる組織です。もちろん、そのときの状況にもよりますが、大抵の希望は叶えてくれます。

ミーティングや飲み会の席で、私はよく「これに興味があるのでやってみたい!」と声をあげます。そうすると翌日、その仕事がポンっと降ってきたりします。外国人が多いから、意見を尊重し合う風土があるのかもしれません。

入社から1年半後には、プロジェクトを任されました。初のマネジメントで、メンバーは、日本の新卒とセブの新人でした。当時は英語で話すだけでもストレスを感じていたので、誰も製品のことを知らない、期限も厳しい、このなかでどう責任を果たせばいいかと苦悶の日々を過ごしました。

自分にはマネジメントは無理だ、もう辞めたい、とまで思いましたが、そのときに開発チームの先輩社員から「いろいろな失敗はあるけど経験することが大事だから。大丈夫だから一緒にやってみよう」と励まされました。不安はありましたが、もう一度頑張ってみようと思い直し、最終的にプロジェクトを終えるまでやり遂げさせていただきました。

どの立場になっても、お客様にいいものを作りたいという思いは変わらないと思います。マネジメントは苦手でしたが、先輩社員のサポートに支えられ、無事に越えることができました。今ではマネジメントも、英語でのコミュニケーションもある程度できるようになりました。エンジニアのテクニカルなドキュメントも英語で読めるようになり、エンジニアとしての成長も感じています。

入社2年目の終わり頃には、上司と私の2人を中心としたプロジェクトとして、新しい製品を作る機会に恵まれました。このときは、今まで使ったことのない仕様に準拠し、英語で書かれたスペックを元に実装して、限られた時間のなかでできるだけ早く良いものを作ることが求められました。私にとっては大きなチャレンジでしたが、大変なことも含めてさまざまな経験をさせていただいたと思います。製品を完成させたときのあの達成感は、忘れることはないでしょう。

ISRはとにかくチャンスをくれる会社です。やりたいことはやらせてくれるし、なんでも経験させようとしてくれます。でも、行き詰まった時にはアドバイスをくれるし、育てようともしてくれます。ISRは、そんな自由でフラットで温かい組織なんです。

Interview | Episode 03

ソフトウェアのアーキテクトになりたい

将来的には、尊敬している先輩方のようなソフトウェアのアーキテクトになりたいと思っています。

ソフトウェアは何年も動かすものです。しかし、ITの進化は早いので、一年前にホットだったものが今はもう誰も使っていない、ということも多々あります。だから、それを見極められる人になりたいです。それができたら、カッコいいじゃないですか。

ISRには優秀な人がたくさんいます。彼らはテクニカルな情報が好きで、常に更新される情報をキャッチアップし続けているからこそ、優秀なのだと思います。確かに、外国人のメリットは、情報量の多い英語を使えるということになるかもしれないですが、自分自身を更新することに国籍は関係ないのだと学びました。

私はこの会社に入って、素晴らしいスタッフに出会えて、本当によかったと思います。私も尊敬する優秀な先輩方のような人になるために、これからもさまざまな挑戦を続けていきたいです。

T.I

営業部|2006年入社
新卒入社

INDEX

H.U

営業部|2013年入社
前職:ソフトウェアメーカー/営業

JOIN US

募集要項

クラウドビジネスを盛り上げてみたいという方、色々な経験を積み挑戦してみたいという方、グローバルな環境で働きたいという方、出産後も安定した働き方を実現したいという方、ぜひ私達ISRチームの一員として働いてみませんか?


新卒の方


キャリアの方