社長メッセージ 2018-02-09T16:01:17+00:00

社長メッセージ

クラウドの、豊饒なる未来のために

いま、クラウド・コンピューティングが飛躍的に発展しています。

ラウル・メンデス

代表取締役 メンデス・ラウル

グローバルに考えれば、ユーザがそれぞれオンプレミスでシステムを構築することの、多大なる負荷や資源の無駄を一掃するそのインパクトは、絶大であるからです。さらに、先の東日本大震災で「システム構築の迅速さ」や「即応性」といったそのメリットが再認識されたことは、記憶に新しいところです。

ISRのミッションとして「製品やサービスを開発して、安全なインターネット・安全なクラウドの実現に貢献する」を掲げ、このクラウド・コンピューティングを“安全・安心”に利用していただくためのサービスをご提供しています。当社は、2008年に「Google Enterprise Partner(GEP)」に認定され、「GEP for Apps」の第1号パートナーとして本製品のリリースを開始しました。以来、2018年1月末現在、1,500社・70万アカウント以上のユーザにご利用いただいています。その急成長の背景には、スケーラブルでエラスティックなプラットフォーム、緻密な監視・運用に基づくサービス運用、そして迅速なるサポート体制があります。これにより、99.994%もの稼働率を実現し、何よりも重要な“信頼性”を担保しているのです。

私、メンデス・ラウルは、1985年にアメリカ海軍大学院大学の数学科の助教授として、流体解析計算などのためにインターネットの母体となる「ARPANET」を使い始めました。1987年に株式会社リクルートのスーパーコンピュータ研究所の所長に就任し、同社による日本初の商用インターネット接続成功にかかわりました。このように、黎明期からインターネットに深く携わり、その豊饒な未来をつくるビジネスを築き上げようと決意し、1993年に当社を創業しました。インターネットは、最初から情報を皆で共有しようという思想のもとに開発されたため、セキュリティ上脆弱な部分があります。そこで私は、専門分野である数学の知識を生かせる、暗号化技術などを基にするセキュリティサービスの開発をターゲットとすることにしました。

インターネットの魅力は、オープンさや、一つの情報を共有し合えるところにあると考えます。
その理想を旨に、クラウドによる素晴らしいサービスをいち早く実現した企業が現れました。Googleです。

当社は、さっそくその『Google Apps for Business™』のユーザとなり、クラウド・コンピューティングの魅力を体感しました。このプロダクツの可能性を確信し、関連サービスの提供をパートナーに一任するGoogleに『CloudGate』を提案し、評価されたのです。

グローバルな成長を続ける『Google Apps™』とともに、当社もさらなる成長を遂げていきます。

株式会社インターナショナルシステムリサーチ
代表取締役 メンデス・ラウル