Loading...
代表挨拶 2018-03-23T19:49:07+00:00
ISR CEO - Raul Mendez
代表取締役 メンデス・ラウル

ISRはクラウドの飛躍的な普及によって新たなビジネス好機をつかみ、SSOのマーケットリーダーに成長

2008年、従来型のオンプレミスなEメールやグループウェアからGoogle Apps™(現G Suite)へ移行する初期エコシステムのなかで、ISRはGoogleのパートナーとしてビジネスをともにする機会を持ちました。その当時、クラウドビジネスはまさにゼロからの出発でしたが、CloudGateはこれを契機に、日本における代表的なSSOサービスに成長し、9年間この市場のリーダーとして牽引してきました。

CloudGateにサブスクリプション型ビジネスモデルを先駆的に導入、ISRはクラウドにおいて手頃な価格で強固な認証を実現

Salesforceから始まりGoogleも取り入れたSaaS (Software as a Service)をベースとして提供するというモデルに倣い、ISRもこのモデルを導入しました。顧客企業はオンプレミスにおけるソフトウェアの高額な永久ライセンスを支払いことなく、年間サブスクリプション料金のみを支払うというモデルです。

CloudGateサービスの成長は開始当初こそさほどの勢いは見られなかったものの、クラウド・エコシステムが定着したことで急速に成長を遂げ、今もなおクラウドビジネスの成長とともに着実にその力を伸ば続けています。

CloudGateはG Suiteを皮切りに、現在に至ってはG Suiteの他に何十ものクラウドサービスにシングルサインオンを提供しています。CloudGateは複数のサービスに一回のログインでアクセスできる利便性に加え、強固な認証も備えています。CloudGateのアクセスコントロール機能は、各企業のセキュリティポリシーに従い、例えば、クラウドサービスへのアクセスを社内ネットワークのみに制限するIPアドレス制限といったようなアクセスコントロール機能を備えています。

可能な限り最良のSSOサービスを提供するため、ISRの社員が“サービスマインド”を持った組織に統一

ISRでは顧客企業に可能な限り最良のサービス提供に注力するため、多言語で多文化多様性に富む職場を実現しています。Eメールはミッションクリティカルなアプリケーションであるため、私達は顧客企業に対してノンストップサービスの提供を最優先とし、過去5年間(2013年から2017年)99.99%以上のCloudGateサービスの稼働率を達成してきています。

ISRの社員は皆「サービスマインド」をコアバリューとして指向しています。絶えずCloudGateサービスとユーザーエクスペリエンスの改善に努めており、コアバリューである「サービスマインド」は、社内で互いに協力し合うという1つの考え方を生み出しました。

海外展開

私たちは圧倒的なアベイラビリティと比類なきサービス品質を提供することによって、日本国内でのクラウドエコシステムの構築で重要な役割を果たしてきており、今まさにこのCloudGateサービスを世界展開する態勢を整えております。2016年にはフィリピンのセブ島、2017年にはアメリカのシアトル、カナダのビクトリアに子会社を設立し、昨年10月より北米市場向けにCloudGate UNOの販売を開始しました。

私たちは目下、日本、海外での採用を積極的に行っているところですが、特に国内においては、日本の独創性や勤勉さをもって貢献することで世界をより良くしようとする強い意志を持っている方を求めています。私は、日本発のサービスを世界的なサービスとして世に送り出すことによって、日本をより良い国にすることができると確信しています。

代表取締役
メンデス・ラウル

ISRはクラウドの飛躍的な普及によって新たなビジネス好機をつかみ、SSOのマーケットリーダーに成長

2008年、従来型のオンプレミスなEメールやグループウェアからGoogle Apps™(現G Suite)へ移行する初期エコシステムのなかで、ISRはGoogleのパートナーとしてビジネスをともにする機会を持ちました。その当時、クラウドビジネスはまさにゼロからの出発でしたが、CloudGateはこれを契機に、日本における代表的なSSOサービスに成長し、9年間この市場のリーダーとして牽引してきました。

CloudGateにサブスクリプション型ビジネスモデルを先駆的に導入、ISRはクラウドにおいて手頃な価格で強固な認証を実現

Salesforceから始まりGoogleも取り入れたSaaS (Software as a Service)をベースとして提供するというモデルに倣い、ISRもこのモデルを導入しました。顧客企業はオンプレミスにおけるソフトウェアの高額な永久ライセンスを支払いことなく、年間サブスクリプション料金のみを支払うというモデルです。

CloudGateサービスを開始当初の成長は遅かったものの、クラウド・エコシステムが定着したことで急速に成長を遂げ、今もなおクラウドビジネスの成長に伴い着実に成長を進めています。

CloudGateはG Suiteを皮切りに、現在に至ってはG Suiteの他に何十ものクラウドサービスにシングルサインオンを提供しています。CloudGateは複数のサービスに一回のログインでアクセスできる利便性に加え、強固な認証も備えています。CloudGateのアクセスコントロール機能は、各企業のセキュリティポリシーに従い、例えば、クラウドサービスへのアクセスを社内ネットワークのみに制限するIPアドレス制限といったようなアクセスコントロール機能を備えています。

可能な限り最良のSSOサービスを提供するため、ISRの社員が“サービスマインド”を持った組織に統一

ISRでは顧客企業に可能な限り最良のサービス提供に注力するため、多言語で多文化多様性に富む職場を実現しています。Eメールはミッションクリティカルなアプリケーションであるため、私達は顧客企業に対してノンストップサービスの提供を最優先とし、過去5年間(2013年から2017年)99.99%以上のCloudGateサービスの稼働率を達成してきています。

ISRの社員は皆「サービスマインド」をコアバリューとして指向しています。絶えずCloudGateサービスとユーザーエクスペリエンスの改善に努めており、コアバリューである「サービスマインド」は、社内で互いに協力し合うという1つの考え方を生み出しました。

海外展開

私たちは圧倒的なアベイラビリティと比類なきサービス品質を提供することによって、日本国内でのクラウドエコシステムの構築で重要な役割を果たしてきており、今まさにこのCloudGateサービスを世界展開する態勢を整えております。昨年4月には、シアトルオフィスを設立し10月には北米市場向けにCloudGate UNOの販売を開始しました。

私たちは目下、日本、海外での採用を積極的に行っているところですが、特に国内においては、日本の独創性や勤勉さをもって貢献することで世界をより良くしようとする強い意志を持っている方を求めています。私は、日本発のサービスを世界的なサービスとして世に送り出すことによって、日本をより良い国にすることができると確信しています。

代表取締役
メンデス・ラウル

メンデス・ラウル

アメリカのカリフォルニア大学バークレー校応用数学の博士課程(Ph.D.)を修了後、アメリカ海軍大学院大学の数学科助教授としてスーパーコンピュータを用いた流体解析の計算を手がける。
1987年4月よりリクルートスーパーコンピュータ研究所所長を経て、1993年9月にスーパーコンピュータ活用のコンサルティング会社として、株式会社インターナショナルシステムリサーチを設立。2008年に「CloudGate」サービスの提供を開始。