ISRはパスワードレスの新認証規格FIDO2のサポートおよび Yubico社のYubiKey 5シリーズの提供を開始

報道各位

2018年12月7日
株式会社インターナショナルシステムリサーチ

ISRはパスワードレスの新認証規格FIDO2のサポートおよび
Yubico社のYubiKey 5シリーズの提供を開始


株式会社インターナショナルシステムリサーチ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:メンデス・ラウル、Google Cloud プレミアパートナー及びクラウドセキュリティソリューションプロバイダー/以下、ISR)は、2018年12月7日に、アイデンティティ管理ソリューション「CloudGate UNO(クラウドゲート ウノ)」を、FIDOアライアンスが先般公開した新標準FIDO2へ対応する計画があることを発表いたします。またそれに伴い、Yubico社が開発したYubiKey 5シリーズの提供を開始いたします。

CloudGate UNOは、日本市場におけるアイデンティティ管理ソリューションの主要サービスとして、法律事務所から保険会社まで幅広い業界の企業1,500社、75万ユーザー(2018年9月末時点)にご利用頂いており、また多くの企業に認証強化ソリューションの導入を頂いております。CloudGateサービスは、ユーザー名とパスワードによる認証を超えた認証強化ソリューションとして、クラウドサービスへよりセキュアにアクセスが行えるFIDO U2F認証や生体認証などを提供しております。

ISRのCEOラウル・メンデスは、「ISRとYubico社が2014年にパートナーシップを開始し、まずはワンタイムパスワード、その後FIDO U2F、そして現在FIDO 2に至るまで、我々が密接に協力し日本市場への認証強化ソリューション展開に取り組んでいます。CloudGate UNOは、多要素認証のラインナップの一つとして、FIDO2に今後対応していく予定です。また、Yubico社と協力し、先日リリースされたFIDO2対応のYubiKey 5シリーズを提供できることを嬉しく思います。」と述べています。

ISR and Yubico

Yubico社が開発したYubiKey 5シリーズは、「YubiKey 5 NFC」、「YubiKey 5C」、「YubiKey 5 Nano」、そして「YubiKey 5 Nano」からなる4つのマルチプロトコルセキュリティキーシリーズです。FIDO U2F、スマートカード(PIV)、YubicoOTP、OpenPGP、OATH-TOTP、OATH-HOTP、チャレンジレスポンスなどの標準的な認証に加えて、さらにFIDO2もサポートしており、これらの機能はすべて1つのデバイスでサポートされています。

また、YubiKey 5シリーズの1つである「YubiKey 5 NFC」は、USB、NFC(近距離通信)上の全てのプロトコルをサポートしており、FIDO2を使用したデスクトップ、ラップトップ、スマートデバイスで、タップ&ゴー認証などの新しいユーザーエクスペリエンスを実現します。

Yubico社のファウンダー、CEOであるスティナ・エレンスバード(Stina Ehrensvard)氏は、「YubicoとISRが2014年にパートナーシップを開始して以来、CloudGate UNOがサポートするハードウェア認証デバイスとしてYubiKeyのプロモーションを行なってきました。多くのCloudGate UNOユーザーがYubiKeyの利便性やセキュリティの特徴を活用して頂いているため、今後のFIDO2対応の展開を楽しみにしています。」と述べています。

インターナショナルシステムリサーチについて  (https://www.isr.co.jp/)

1993年、東京に設立されたインターナショナルシステムリサーチ(ISR)はインターネット黎明期の頃からWebシステム開発に着手し、常に時代の要請に即した製品開発、システムインテグレーション、各種コンサルティング業務など様々なソリューションを提供してまいりました。現在は主力事業をCloudGate UNOに一本化し、2008年のサービス開始以来、約10年ものサービス運用実績があり、現在では1,500社75万ユーザー(2018年9月末時点)にご利用頂いております。

◆本件に関するお問合せ先
株式会社インターナショナルシステムリサーチ
マーケティング部
〒164-0012 東京都中野区本町6-16-12 新中野FKビル 2F
TEL:03-3384-1123
FAX:03-3384-1124
E-mail: sales@isr.co.jp

2018-12-10T10:17:50+00:00 2018.12.07|Categories: プレスリリース|