「パスワードのいらない世界」へ。FIDO2ブームを起こしてパスワードレス認証を広める

「パスワードのいらない世界」へ。
FIDO2ブームを起こしてパスワードレス認証を広める


私たちISRは「パスワードのいらない世界」の実現を目指しています。

それは例えば、セキュリティトークン一つでさまざまなクラウドサービスへ安全にアクセスできる世界。家の鍵と同じように持ち歩き個人の情報へアクセスする鍵を開けるイメージです。さらには個人しか持ちえない指紋や虹彩など生体の情報を鍵とすることも可能になります。

時代は今、これまで主流だったパスワード認証からパスワードレス認証へ認証業界の大きなパラダイムシフトを迎えようとしています。パスワードレス認証は、すでに個人用のスマートフォンだけでなく、空港での入国審査など一部では採用が進んでいますが、今後はさまざまな場面でもそのニーズはさらに高まっていくことでしょう。ISRとしては、これをビジネス界にもっと浸透させていくことが私たちの役割であると考えています。

現在主流のパスワード認証は、開発当初は大変画期的な技術でしたが、簡易なパスワードの使用や、複数のサービスで同じパスワードの使い回しなどが増えた結果、情報漏れのリスクが高まる事態を招きました。

そのような中、2012年「FIDO Alliance」の設立により、パスワードに代わる新しい認証技術を広める取り組みが本格的にスタートしました。この「FIDO Alliance」には、現在には、Google社やAmazon Web Services社、Microsoft社など世界の名だたる企業が加盟しており、ISRも2014年に加盟しました。

FIDOの規格は共通のプロトコルであり、どの企業も分け隔てなく各社のサービスに合わせた形で新たな認証技術を取り入れることができます。加盟企業は設立当初から互いに協力し合い、技術の開発や普及活動に取り組んできました。

現在ISRでも、「パスワードのいらない世界」の実現を目指して積極的な普及活動を行っており、その活動内容として、定期的に弊社主催のセミナーを開催したり、私たちのサービス「CloudGate UNO」によるパスワードレス認証のトライアルを2019年3月から開始する計画を立てたりと、日々新しいことにチャレンジしているところです。本日2月14日は、初の試みとして「FIDO Alliance」加盟企業数社にご協力いただきセミナーを開催します。

私たちISRは、「FIDO Alliance」メンバー企業と共に、新しい世界を広めるために認証業界に革命を起こしていきたいと考えています。まずはセキュリティ業界にFIDO2ブームを巻き起こすこと、そして「パスワードのいらない世界」に対する理解や必要性を社会に広めていくこと、これを目指して参ります。そのためには、「FIDO Alliance」メンバー企業とは同じ思いを持つ同志として競合するのではなく協働して、新たなFIDO2の世界を築いていくことを最優先に、普及活動を行って参ります。

このように「FIDO Alliance」のメンバー企業と協力して時代を先導し、日本そして世界へ「パスワードのいらない世界」を広めることを私たちISRは目指していきたいと思います。

2019-02-20T12:19:49+00:002019.02.14|Categories: Strong Authentication ブログ|